行雲流水

気ままに撮影をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

相棒 大和 episode1

3、 訓練


ここで、山の歩き方、足運び方又、時には小動物との鬼ごっこ等を取り入れ、
お山は楽しい所だと教えた。

毎日毎日同じ事の繰り返しで身体が少しずつ覚えて行くものだ。
何も知らない純白な時だから、決して結果を急いで求めては、仔犬は成長しない。

人間の子供に教えるのと同じだ。


003-21.jpg


山遊びに慣れて来た頃から、最初に訓練した事が次の3点。

1・基本訓練
 「来い」 「座れ」 「待て(止まれ)」
 完璧に「待て(止まれ)」をマスターしなければ、これから先のレベルには進めない。
 親方の命令に服従させる基本中の基本だ。

2・むやみやたらに「吠えない」
 犬や人に吠えない。家の中や、車で移動中吠えない など・・

3・訓練の目的を教える。
 全ての訓練は猟へと繋がっている。

 猟場は楽しい所、山へ行けば楽しい事が沢山ある。
 その為の訓練をしていると、訓練の目的を教える事がポイントだ。


003-22.jpg


 猟犬は、犬本来の能力を発揮し獲物を追い詰め、親方と共同作業で狩猟を行う。
しかし、新聞等で猟犬の不祥事を見るが、これらは、全て親方の訓練方法が間違っている。

「捕らえて良い獲物」 
「捕らえてはいけない獲物」を、教えていないからこの様な不祥事が起こるのだ。


003-23.jpg


次に教えたのは

1・「行け・噛め(ゴー)」 「離せ」
  ○「行け・噛め(ゴー)」の命令で獲物を追いかける。
   「行け」の命令を出すまでは、鬣を立て戦闘体制になっても我慢!我慢!
 
 ○「離せ(アウト)」で噛んだ獲物(物)を離す。

2・犬に対して、自分からは決して喧嘩はしない。
   但し、相手から攻撃を受けた場合、躊躇無く攻撃する。

3・「捕らえて良い獲物」「捕らえてはいけない獲物」を教える。
   捕ってはいけない獲物には「ゴー」サインを出さないので、
  「行け(ゴー)」を覚えると自然と覚えて行く。

  このように順番をおって、いろいろと教えたものだ!


003-24.jpg


まず思い出すのは、
ブリスの子供の中で運動神経が良かったのは6番目に産まれた武蔵、次に飛鳥だ。

大和は1番闘争心・負けん気が有った。
断耳をして翌日に大きな事件があった。

いつもの如く梅畑でボールを使った訓練をしていると、
10回投げた内 
5回は武蔵、3回は飛鳥、2回が大和と言った感じでボールを捕っていた。

武蔵がボールを捕って持ってきた時、
突然大和が武蔵の耳を引きちぎろうと噛み付いたのだ。

私が、武蔵に褒めた事に対してヤキモチを焼き又、耳を切った痛みでイライラしていたのだろうか? 

その時に思った。
私には雄2頭同時に育てる力量がないと。

中途半端な育て方では双方将来手をつけられないようになると思い
真剣に悩んだ末、武蔵は、愛くるしい程可愛く運動神経も抜群だったが、
断腸の思いで近くの知人に育てて頂くようになった。

武蔵の新たな親方は、この辺りでも規模が大きい6ha(約2万坪)の果樹農家である。

武蔵は現在、果樹園に侵入してくる野生動物に「コラ、入ってきたらあかん!」
と追い出す作業犬として活躍している。

月に数回は会っているので寂しい事は無い。

最近私が、自宅裏にフェンスで囲ったドックランを作ったと聞き、
それよりも規模の大きいドックランを作ったようだ。


003-25.jpg


そして、次に印象に残っているのは・・・なんと言ってもデビュー戦だ!

ブリスの子供の内、大和・飛鳥を猟犬に育てようと決意し訓練を始めた。
檻に入った猪を見た時、どのように反応するか? 
生後4ヶ月の仔犬には少し早い気もしたが・・・飛鳥は猪を見ると吠え始めた。

良いぞ! 怖い場合も吠える事があるが、この時は戦いの吠えで有った。
その時点で合格!

大和は知らん振り、飛鳥が吠えているのに全く興味が無い様子。
草むらに寝転がって黙々と草を食べている様子。

未だ「Go・行け」のを教えていないので理解が出来ないと思いつつ、
そんな大和の耳元で、小声で「Go・行け」と命令した。

すると、どうした事でしょう!
今まで全く興味を示していなかったが、行き成り豹変し、吠え始めた。
では、猪を檻から出せば、どのような行動を取るのか?

興味が湧き、生後4ヶ月でその様な経験をさせるには早い気もしたが猪を檻から出した。

すると、何の躊躇もなく牙をかけに行くではないか?

「眠れる獅子が目覚めた瞬間」であった。

その事がとっても印象に残っている。


003-26.jpg


今まで経験した事の無い恐怖を乗り越えた事により、この日を境に大和、
飛鳥は精神的に成長した。

「心の成長と身体の成長、共にバランスよく育てなければ、私の目指す猟犬に
育た無い」ここから重要だった。

普段の訓練は、猟場は楽しい所、山へ行けば楽しい事が沢山ある。
その為の訓練をしていると、訓練の目的を教えるのに使ったのが音の出るゴムボール。

梅畑でボールを投げ、競争をさせる事で身体能力と闘争心を高めた。

来る日も、来る日も・・・



003-27.jpg


時には、夜中に梅畑で月明かりの中ボールを投げ獲りに行く訓練もした。

今は、臭いを覚えさせたボールを、犬からは全く見えない、生茂った雑木林にラケット
で打ち込んでも、臭いを探してボールを獲って持ってくるまでに成長した。

これが出来ないと獲物の臭いをと獲って捜索活動は出来ない。猟犬の基本だ。


つづく




ブログランキングに参加しました。

ポチっと して頂けると
      つづきを掲載しようかなと思うキーボードを打つ手に力が湧きます。 

写真 ブログランキングへ
  1. 2013/01/17(木) 00:00:00|
  2. フィクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<相棒 大和 episode1 | ホーム | 相棒 大和 episode1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akira62net.blog.fc2.com/tb.php/707-286c29c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mahoroba

Author:mahoroba
行雲流水ブログへようこそ!

人生の後半は「行雲流水」のごとく
穏やかに生きたいと願いを込め
ブログのタイトルと致しました。
よろしくお願い致します。

メールはこちらへ
mahoroba637@yahoo.co.jp


このブログの著作権は
管理人にあります。
転載等を一切禁止します。

訪問ありがとうございます

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

訓練(躾) (45)
妊娠出産子育 (121)
相棒 (33)
ブリの庭 (55)
ドックラン (97)
飛鳥の庭 (87)
フィクション (32)
自然・風景 (111)
その他 (102)
カレンダー (16)
初めまして (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

☆ このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。