行雲流水

気ままに撮影をしています。

連携

058-01.jpg


058-02.jpg


058-03.jpg


  1. 2014/01/29(水) 00:00:00|
  2. フィクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

崖その3

パ~ン・パ~ン・パ~ンと山に轟音が響き渡った。
暫くすると親方、獲ったゾと連絡が有る。

音の成った方向へ進むと・・・
群れで来たので今日は沢山獲った。


054-21.jpg



グループ猟の場合この後が楽である。
獲った獲物は皆で持って下山するので、帰り道も楽しい。


054-22.jpg



後少しで林道に出られると言う所で木が橋に倒れている。
そして、この橋も壊れかけている。

四つん這いに成り大和の後をついて、無事に渡りきる事が出来た。


054-23.jpg


054-24.jpg





このような感じで 危険な事も有ったが いい経験が出来た狩りで有った。







ブログランキングに参加しています。
             ポチっと 応援して頂けると幸いです。

人気ブログランキングへ
  1. 2013/12/19(木) 00:00:00|
  2. フィクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

崖その2

暫く道なりに進んで行くと、突然道が消えた。
あれ!可笑しいな? と思いながら獣道を進んで行くと雑木林に出た。

何処かで道を間違ったようである。

杉、桧を植えていない所は、険しい所である。
崖等があり杉・桧が植えられないので雑木林と成っている。


054-11.jpg



無理に進めば、行けない事は無いと思うが、
足場が悪いので引き返すのが正しい選択と思っていた所。

ブリス・大和は ポジションをとった。
この下に獲物はいるようである。

なので、Goサインを出した。


054-12.jpg



一旦下方に追いかけて行ったが、崖がありこれ以上進め無いので此方へ引き返して来たようだ。


054-13.jpg


ブリスを先頭に大和が獲物を追いかけている。
足を滑らすと命に関わるのに
よくこの様な足場の悪い所を平気に走れるな~と思う。


054-14.jpg


あさひ はついていけず置いてけぼりだ!

もう、これ以上ついて行くのは無理だと思ったのだろうか、
引き返し私の足元から離れないようになった。


054-15.jpg



このような経験を沢山積んで1人前に成長して行くのだ。
がんばれ~ と思いながら
親方も慎重に1歩1歩進む。


054-16.jpg



つづく







ブログランキングに参加しています。
             ポチっと 応援して頂けると幸いです。

人気ブログランキングへ





  1. 2013/12/18(水) 00:00:00|
  2. フィクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

崖 その1

今までは他のグループがこの山で狩りを行っていたが、その親方は狩りを辞めたので
最近はここへ誰も来ていないので一緒に狩りをしないかと言う誘いが有り、
今回3人の知人と一緒に狩りを行う事に成った。

最近はこの辺でも狩りを辞める者が増えている。
特にそのグループの親方が狩りを辞めると、一緒に行っている者まで猟犬が居ないから狩りが出来なくなるのが現状だ。


054-01.jpg


ブリス達は足が速いので、上から下に追う狩りするので、射手の方は下方で待つよう話を行い山へ入る。

初めての山でもGPSと言う便利な物が有るので、自分の位置と目指す方法が分かるので便利だ。

それに、初めての山でも獣道は分かるのでさして、心配はしていない。
それより、どの様な所かワクワクしている。



054-02.jpg


今回の狩りは、
山頂近くに車を止め、山道を下り川へ降りるコースである。

少し下ると家が見えてきた。 空き家のようである。
ここに住んでいた方は毎日、ここを登っていたのだと思うと改めて大変な事だと思った。

家の横を通り抜け暫く進むと小高い丘に出た。
ブリス達はとても嬉しそうな感じでワクワクしているようだ。


054-03.jpg


054-04.jpg




さらに横道を進むと 前方に射手を発見。
オレンジ色のチョッキを着用しているので遠くからでも良く分かる。


054-05.jpg



つづく







ブログランキングに参加しています。
             ポチっと 応援して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ










  1. 2013/12/16(月) 00:00:00|
  2. フィクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壁を越えた

来た! ブリスを先頭に大和が鹿を追いかけている。

あさひは 来ていない遅れたのだ! 
仕方がない 平地ではそこそこ速いが、山は落ち葉や岩等が有り 足の置く位置が見えない所があるので
全力で走るには経験が必要だ。

此処からの距離は凡そ50m。

平地の50mは何ら問題無く100発100中で当てる事が出来るが
ここは木が有るので 木と木の間を狙って撃たなくてはいけない。
とても難しい射撃である。

獲物に標準を合わせ、 多分アソコを走るだろうと 予測をして スコープを
5m程左先に振り、大きな木と木の間を抜けた時に撃つと決め
標準を木と木の真ん中に合わした。



053-51.jpg



スコープの倍率は2.5倍 
ミルドットの右端に獲物が見えた。
未だ撃つのは、早い。

焦って此処で撃つと獲物の前に着弾する。
かと言ってスコープの中心で撃つと引き遅れとなり
獲物の後ろに着弾する。

この辺の撃つポイントは長年の経験が教えてくれる。
中心より2つ右のミルドットに獲物が来たら引き金を引く!

パン~と轟音を響かせ 155grの弾頭は獲物目掛け飛んで行った。

スコープに獲物がグラっとしたのが見えたので、当たったと確信したが
獲物はその勢いを落とさず走り去って行った。


下方に走って居るので数十メートル先で倒れているだろうと思い
下の方向へ向かいながら、あさひ~ と大声で呼ぶ。

暫くすると一生懸命に走ってきた。 
「行け行け」と命令し 倒木等を乗り越え下の方向へ向かう。

暫く進むとブリス達が獲物を抑えている。


053-52.jpg



現場へ到着するのが少し遅れたのが良かったのか?
あさひ は自分の殻を突き破ったようだ!
激しい勢いで獲物と格闘している。

あの食いしん坊大和が 引いている位だ。


053-53.jpg


053-54.jpg


いいぞ!
この子は強くなる! 

真剣に強くなれると確信した。

今まで恐れから自分の殻を破れ無かった。
それを乗り越えた、と言う事は 心の大きな変化が有ったのだろう~


053-55.jpg


これまでの事を思い浮かべると
何故か目頭がジ~ンと熱く成った。

此れから沢山の経験を積み重ね1人前の猟犬へ成長して行く過程を思い浮かべると
足取りは軽く、口元は緩み あさひ 良く頑張ったな~ 偉いゾと 褒め契りました。




ご覧頂きありがとう御座いました。




あさひ 頑張ったね
    ポチっと 応援して頂けると幸いです。

写真 ブログランキングへ




  1. 2013/12/08(日) 00:00:00|
  2. フィクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

mahoroba

Author:mahoroba
行雲流水ブログへようこそ!

人生の後半は「行雲流水」のごとく
穏やかに生きたいと願いを込め
ブログのタイトルと致しました。
よろしくお願い致します。

メールはこちらへ
mahoroba637@yahoo.co.jp


このブログの著作権は
管理人にあります。
転載等を一切禁止します。

訪問ありがとうございます

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

訓練(躾) (45)
妊娠出産子育 (121)
相棒 (33)
ブリの庭 (55)
ドックラン (96)
飛鳥の庭 (87)
フィクション (32)
自然・風景 (110)
その他 (100)
カレンダー (16)
初めまして (1)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

☆ このブログをリンクに追加する

検索フォーム